So-net無料ブログ作成

<裁判員裁判>制度導入1年を前に反対集会開く 会見も(毎日新聞)

 21日の裁判員制度導入1年を前に、弁護士や憲法学者らが呼びかけ人を務める市民団体「裁判員制度はいらない!大運動」が18日、東京・日比谷で会見と全国集会を開いた。

 呼びかけ人の一人で漫画家の蛭子能収さんは「職業選択の自由があるはず。人を裁くことは自分にはできない」と語り、映画監督の崔洋一さんは「専門家に素人が囲まれて導かれる結論に真理はあるのか」と疑問を投げかけた。

 集会では元裁判官の遠藤きみ弁護士が「事件がたまっているので迅速に処理しろというが裁判官も書記官も過労死する」と廃止を訴え、岐阜地裁で裁判員を務めた白木章さんは「徴兵制度のようだ」とビデオ出演でアピールした。【長野宏美】

【関連ニュース】
裁判員裁判:病気で弁護士遅刻 公判が1日延長 長野
強姦致傷裁判:裁判員が全員女性 「バランス必要」提言も
強盗強姦罪:元病院事務アルバイトに懲役23年 横浜地裁
大阪地裁:責任能力、鑑定医が説明へ…裁判員に理解促す
京都地裁:裁判長怒る 「居眠りする人は出ていって」

裁判員裁判で全国初 求刑上回る判決 さいたま地裁(産経新聞)
ワンコイン英語塾人気 “苦学”同志社大留学生「500円、学費の足しに」(産経新聞)
失業者への個別支援検討=NPO活用−政府(時事通信)
官房長官が鹿児島・徳之島関係者と会談(産経新聞)
ヤフーと中国最大手 ネット通販を一体化(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。