So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

防戦・失言ずさん国会 自民攻勢「野党ボケだ」(産経新聞)

 平成21年度第2次補正予算案を可決した25日の衆院予算委員会は、予算案の中身よりも鳩山由紀夫首相や民主党の小沢一郎幹事長の「政治とカネ」の問題に質疑が集中した。当事者でもある首相は防戦に追われ、国対幹部による“失言”で国会運営に支障が生じる場面もあった。補正予算案の審議は26日から参院に舞台を移すが、野党は今後も「政治とカネ」の問題で、政権を追い詰めていく構えだ。

 「なぜ(資金管理団体の)『陸山会』を経由して不動産を取得しなければならないのか。小沢さんに政治倫理審査会などに出るように勧めるのが仲間を思う気持ちではないか」

 補正予算案の締めくくりの質疑に立った自民党の町村信孝元官房長官は、小沢氏の資金管理団体の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件に関し、同氏の国会出席を求めた。

 対する首相は「捜査を見守るのが何よりも大事だ」と答弁。自身の問題についても、実母から受けた12億6千万円の使途を開示するよう求められ、「(元秘書の)公判が終わるまで待ってほしい」と繰り返すしかなかった。

 首相の後ろ向きな姿勢は、民主党の国会運営にもマイナスに作用している。

 25日午前の衆院予算委理事会では、自民党が補正予算案の採決に応じる条件として「政治とカネ」の集中審議を22年度予算案の審議前に開くよう要求。これに民主党の松原仁筆頭理事が「先週の質疑も集中審議みたいなものだ」と“失言”で応じたことから、理事会が紛糾し、予算委の開会が午後にずれ込んだ。

 その後、民主、自民、公明3党の国対委員長が会談し、2月中旬までの集中審議と2月中の党首討論(QT)の開催で合意した。

 しかし、民主党のずさんな国会運営に、自民党理事も「野党ボケだ」とあきれ顔。もっとも、野党にも予算審議を「政治とカネ」の問題に特化しすぎれば、景気や経済の問題を軽視しているとの批判を受けかねないとの懸念もあり、今後は世論の動向を見極めて論戦に臨む構えだ。

「異性関係ばらす」と女性脅す=町課長補佐、容疑で逮捕−和歌山県警(時事通信)
小沢事務所 別工事でも受注謝礼要求 年2000万円(毎日新聞)
可視化研究会、5日から=捜査手法の向上も議論−警察庁(時事通信)
府立大冠高校に50メートル巨大壁画 思春期の心開くアート(産経新聞)
漫画全巻販売がヒット 大学院の経験生かす(産経新聞)

秋葉原殺傷初公判 加藤被告 無関心から反省、謝罪の言葉も (産経新聞)

 「富豪と貧民。イケメンとブサイク。中間は、無い」−。屈折した感情を携帯電話サイトに書き連ね、凶行に走った加藤智大被告(27)。逮捕当初は被害者に関心のない態度で「世の中がいやになった」などと身勝手な動機を語っていたとされる。しかし、最近になって遺族や被害者全員に送った手紙に「当然死刑になると考えています。開き直るのではなくすべてを説明しようと思っています」などと記すなど、事件から1年半以上を経て、その心情に変化がみられる。

  [フォト]当時、携帯電話サイトに書き込まれた犯行予告

 加藤被告は28日午前10時前、東京地裁104号法廷に入廷した。逮捕当時よりもやせた体に黒っぽいスーツに白いシャツを身につけ、黒縁の眼鏡をかけて、髪を短く刈り込んだ加藤被告。傍聴席に向かって軽く頭を下げ、落ち着いた様子で、被告人席に座った。

 事件前、正社員ではなく派遣社員としての自分、彼女ができない自分をさげすむような言葉を携帯電話サイトに書き連ねていた加藤被告。別の携帯電話サイトに、「車でつっこんで、車がつかえなくなったらナイフを使います みんなさようなら」などと犯行予告、その内容を実行に移した。

 逮捕当初は被害者への謝罪もなく、淡々と取り調べを受けていたとされる。そんな姿が伝わるたび、屈折した感情を爆発させた壮絶な犯行とともに、一般人の理解を超えた、現代社会が生み出した“怪物”扱いもされた。

 しかし、加藤被告の取り調べを担当した検察官は「話をしてみるとごく普通の青年だった」と指摘。だからこそ、「なぜあのような犯行を犯したのか、余計に分からなくなった」と首をひねる。

 また、被害者の1人のタクシー運転手、湯浅洋さんも、加藤被告からの手紙を読み、「きれいな字で文章もしっかりしている。きっと、頭がよくてまじめだったんだろうと思います」と感想を漏らした。

 法廷では、起訴内容を認め、「私の償いは、どうして事件を起こしたのか明らかにすることです」と、用意した紙を読み上げ、謝罪した加藤被告。今後の公判の中で、自らの言葉で事件をどのように振り返るのか。採用された証人が多いため、被告人質問は夏以降になるとみられる。

【関連:秋葉原無差別殺傷事件】
【法廷ライブ】「おわびをさせてください」加藤被告、背筋を伸ばして謝罪
秋葉原無差別殺傷事件きょう初公判 争点は責任能力
街と社会を大きく変えた…アキバ無差別殺傷事件の傷跡
秋葉原事件の加藤被告、静かに記憶つづる
犯行は約2分間 現場再現し詳しく検証へ

年金運用の見直し必要=原口総務相(時事通信)
<詐欺>東電元社員ら逮捕 融資金2.4億円詐取の疑い(毎日新聞)
「フサイチ」馬主の関口氏に5億円支払い命令(産経新聞)
<人工歯根>使い回しの疑いで歯科医院立ち入り検査 愛知(毎日新聞)
<法務省>公訴時効見直し案 殺人は廃止、遡及も適用(毎日新聞)

鈴木宗男氏、検察と法相を批判(産経新聞)

 新党大地の鈴木宗男代表は21日昼、民主党の小沢一郎幹事長を支持するグループ「一新会」が都内で開いた例会で講演した。鈴木氏は、小沢氏の資金管理団体「陸山会」による土地購入事件に関し、「検察がリーク(情報漏洩)する情報は裏が取れない。マスコミは反権力というが(検証しないまま検察リークを)信用して書いている」と指摘。捜査の透明性をはかり、リークによる世論誘導を防ぐためとして捜査の全面可視化の必要性を訴えた。

 また鈴木氏は会合後、記者団に対し、「捜査は粛々と静かにやって欲しい。リークして恣意的、意図的に(捜査を)進めるやり方は8年前の鈴木宗男の時で止めていただきたい」と語り、改めて検察を批判した、千葉景子法務相についても「人権派の弁護士の法務大臣がまったく検察と同じ認識でいるのも解せない」と疑問を呈した。

【関連記事】
「権力の横暴だ」 石川容疑者逮捕で新党大地の鈴木宗男代表
「検察が正義は大間違い」鈴木氏の批判に沸く
鈴木宗男氏「狙われたら誰でもやられる」
鳩山首相「小沢幹事長を信じております」
「先生の指示で金運ぶ」 小沢氏の“金庫番”石川容疑者

小沢氏に説明促す=首相(時事通信)
つかこうへい氏 肺がんで入院、「飛龍伝」は上演へ(毎日新聞)
小沢氏、都内の宿泊先ホテルで聴取の可能性(読売新聞)
首相動静(1月19日)(時事通信)
寒立馬 地吹雪に耐え 青森・下北半島(毎日新聞)

代替不可能な遺伝子にも代役=iPS細胞作製法、マウスで成功−シンガポール(時事通信)

 山中伸弥京都大教授らが「人工多能性幹(iPS)細胞」を作るのに使った3種類の遺伝子のうち、最後まで代わりの遺伝子や化合物が見つかっていなかった「Oct4」も、別の遺伝子で代替できることが分かった。シンガポール・ゲノム研究所などの研究チームがマウスの胎児細胞で成功し、米科学誌セル・ステムセル電子版に22日発表した。
 iPS細胞は身体の多様な細胞に変わる万能細胞で、ヒトでは難病患者の再生医療への応用が期待されている。研究成果は、iPS細胞ができる仕組みを解明し、遺伝子導入法より安全で作製効率が高い、化合物だけによる作製法を開発するのに役立つとみられる。
 Oct4の代わりになると分かったのは、細胞核内の受容体を生み出す遺伝子「Nr5a2」。受容体は特定の分子と結合して機能するたんぱく質だが、この受容体はこれまで、結合する分子や役割が不明だった。
 今回、マウス胎児細胞に3遺伝子をウイルスを使って導入する際、Oct4の代わりにNr5a2を使うと、iPS細胞や、受精卵(胚=はい)から作る「胚性幹(ES)細胞」で、多様な細胞への分化能力を担う遺伝子「Nanog」を働かせる役割があることが分かった。
 国立成育医療センターの阿久津英憲・生殖技術研究室長の話 iPS細胞を作るには、Nanog遺伝子の発現の誘導が重要であることが改めて確認された。新たな「役者」が出てくると共通のシステムが分かり、体細胞からiPS細胞ができるメカニズムを解明する手掛かりとなる。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
水に混ぜるだけで高強度素材=高分子化合物を開発
iPS細胞の誕生過程撮影=メカニズム解明に前進
大豆のゲノム解読=品種改良など応用期待
犬種の特徴、遺伝子解析=人間の病気解明にも貢献

地域医療再生計画「医師会の参加が大事」−厚労省有識者会議が初会合(医療介護CBニュース)
「悪臭ひどい、まずライフライン」=ハイチ視察、日赤社長が帰国−成田(時事通信)
彬子さまが博士号取得(時事通信)
千葉女子大生殺人 男を窃盗容疑で再逮捕へ(産経新聞)
元光GENJIメンバーを起訴=覚せい剤使用で−千葉地検(時事通信)

<文科省>スパコン事業の「機密」を公表(毎日新聞)

 政府の事業仕分けで予算が大幅削減と判定され、その後復活した次世代スーパーコンピューター(スパコン)事業で文部科学省は22日、これまで機密扱いで内容が一部非公表だった「中間評価報告書」の全容を公表した。

 同事業では昨年5月、開発に参加していたNECなどが撤退。業績悪化が理由とされたが、今回の報告書では、撤退以前に当時の日本の計画では「米国との競争に勝つのは困難」と同省作業部会が指摘し、NEC担当部分の開発縮小、廃止の検討を求めていたことが分かった。

 事業を統括する理化学研究所は競争に勝つため、110億円を予算追加し11年に完成させる新計画を提示。しかし事業仕分けを経て追加予算は削減、完成時期も当初予定の12年中に戻された。

 報告書は部会が昨年7月に発表。しかし各国との開発競争のため、内容の一部は政府、関係企業など以外には公表されていなかった。【奥野敦史】

【関連ニュース】
学力テスト:自治体が公表判断 文科省、市町村別集計せず
文科省:教員の質向上見直しで意見聴取へ
全国学力テスト:自治体が公表判断 市町村の集計せず−−文科省

原子力機構に改善要請=受注企業へのOB再就職−文科省(時事通信)
「辞任の声出ないの不思議」麻生前首相が民主批判(読売新聞)
市有地の無償提供は違憲=神社敷地で使用−最高裁(時事通信)
「ニューロタン」など主要製品の共同販促へ―万有とシェリング(医療介護CBニュース)
大潟のコメ削減、全量回復へ=農相の批判受け−秋田県(時事通信)

署の朝礼で告発され、セクハラ警官停職処分(読売新聞)

 部下の20歳代の女性巡査にセクハラ行為をしたなどとして、兵庫県警は22日、県内の警察署の男性巡査部長(50)を停職3か月の懲戒処分にした。

 別の男性警官が署の朝礼で、「こんな人にはなりたくない」とセクハラを取り上げてスピーチし、発覚した。

 発表によると、巡査部長は2008年春、体を触らせるよう求めるメールを巡査に送信。昨年2月の署の送別会旅行では、寝ていた巡査の部屋に忍び込み、顔などを触ったという。

 巡査部長は「悪ふざけのつもりだった。体は触っていない」と釈明しているという。和田順一・県警監察官室長は「警官としてあるまじき行為。厳正に処分した」としている。

養鶏場金庫盗んだ容疑=元従業員ら3人逮捕−佐賀県警(時事通信)
参院代表質問 「戦って」発言で首相「検察への圧力ではない」(産経新聞)
東電元社員らオリックスから2億4千万詐取容疑(読売新聞)
小沢氏側へ5千万円は「胆沢ダム受注の謝礼」(読売新聞)
全国初摘発!サクラばかりの出会い系サイト 詐欺容疑で11人逮捕 mixi使って勧誘 警視庁(産経新聞)

<足利事件再審>菅家さん「つらかった」 録音テープ再生(毎日新聞)

 「どうしてあんなことをしゃべってしまったのか。自分の声を聞くのはつらい」。宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で21日開かれた足利事件再審第4回公判で、6時間に及ぶ取り調べ録音テープを聞いた菅家利和さん(63)は、18年前の記憶を鮮明によみがえらせた。公判後の記者会見では感情を高ぶらせる一方、「無実を分かってもらうために再生してもらった」と複雑な胸中を明かした。【岩壁峻、松本晃】

 テープには、事件への関与を問いただす森川大司(だいじ)・宇都宮地検検事(当時)と、身に覚えのない追及に言葉を詰まらせ、すすり泣く菅家さんが克明に記録されていた。

 足利事件とは別の女児殺害事件で、否認から再び「自白」に転じる場面が再現されると、法廷の菅家さんは体調不良を訴え、席を一時外した。「本当はテープを聞きたいと思っていなかった」と苦しみを語る。

 逮捕後、足利事件を初めて否認した92年12月7日の取り調べ。「やってません」「全然かかわっていません。絶対言えます」と精いっぱい答えた。しかし、検事に「君、裁判所(初公判)ではね、この事件は間違いないと認めたでしょ」「それはなぜ?」「弁護士さんにはなんと説明していた?」と詰め寄られ、意気消沈した。

 菅家さんは「検事は『正直に話してくれ。やっていないならそれでいい』と言うが、『やった』と言うまでは『そうか』と言って(解放しては)くれない。だから仕方なかった」と厳しい表情を見せた。

 22日午後は、森川元検事の証人尋問が予定されている。「テープは黙って聞いていたが、言いたいことは山ほどある。なぜ犯人にしたのか。(検事も)私が無実ということは知っている。絶対に許さない」と語気を強めた。

【関連ニュース】
足利事件再審公判:聴取テープを再生 菅家さん否認の別件
足利事件:取り調べテープ再生 21日から再審公判
足利事件:菅家さん 古里の寺で除夜の鐘を突き年越し
死刑執行:09年は7人、08年から半減 現政権下はゼロ
足利事件:DNA鑑定「問題なかった」…公判で科警研所長

阪神大震災 難病女性 犠牲の恩師に初めての墓参り(毎日新聞)
<無料低額宿泊所>実質運営者ら脱税容疑 5億円の所得隠す(毎日新聞)
11年前にも男性殺害か=経営者強殺事件の被告ら−3人再逮捕へ・宮城県警(時事通信)
都立校で日本史が必修科目へ(産経新聞)
海堂氏に名誉棄損で賠償命令(医療介護CBニュース)

鳩山首相、ダボス会議出席見送り=国会日程など考慮(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は19日、今月下旬にスイスのダボスで開かれる世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)出席を見送る意向を固めた。政府関係者が明らかにした。
 首相は当初、29〜31日の日程で出席を調整していた。しかし、政府・与党が月内成立を目指す2009年度第2次補正予算案の採決日程と重なることが想定されるほか、補正成立直後に行う施政方針演説の準備も考慮した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
小沢氏聴取、早期実現を=民主に慎重対応求める
国会改革法案、施政方針後に提出=民主
日航は再生に全力を=鳩山首相

【中医協】勤務医対策、病院側の立場の違いくっきり(医療介護CBニュース)
日航「運航継続」を強調=外国報道陣と会見−前原国交相(時事通信)
<陸山会土地購入>地検捜査巡りシンポ(毎日新聞)
志望校を外さない! 余部鉄橋「合格ナット」発売 兵庫・香美(産経新聞)
山梨・上野原市長に贈賄申し込み=会社代表ら2人逮捕−現金百万円返す・警視庁(時事通信)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。